補助金の種類とその申請方法

補助金をもらうための申請手続き

様々な補助金がある中で、各自治体で行わなければならない申請手続きがあります。
各自治体により、申請手続きの詳細は異なりますが、だいたいの流れをご紹介します。
まず、自治体に、申請する人の基本的な情報を登録する必要があります。
そのあと、どのような工事やリフォームになるかの情報を登録します。
そこから、事務局で補助金交付の本格的な申請が始まります。
申請の書類や、内容に不備などが無ければ、補助金の交付が決定され、交付されることとなります。
この時点では、まだ手元に補助金を受け取れない状態です。
交付される事になってから、工事が始まり、リフォームが完了すれば、業者から担当事務局に連絡が入り、作業完了の報告を受けてから、補助金が交付されるという流れです。
だいたいの流れはこのような感じですが、自分自身のリフォームの内容や条件などにより、申請手続きが異なる場合もあるので、きちんと確認しましょう。

一般的なリフォームへの補助金はあるのか

特定な、バリアフリーリフォームや省エネリフォームなどの工事だけではなく、リビングやダイニング、個室などの一般的なリフォームの工事にも、自治体によったら補助金制度を扱っている制度もあります。
その最低条件ですが、自分がお住まいの地域の業者に依頼する事が条件という場合がほとんどです。
この補助金制度の主な目的ですが、地域の経済を活性化するためを目的とされています。
そこまで多額の補助金は支給されませんが、だいたい5万円から10万円程度の補助金が出るそうです。
そこまで、多くの額は支給されませんが、他の補助金などの制度と組み合わせて使う事が出来るので、その辺りも自治体のサイトを確認して申請手続きをしてみましょう。


この記事をシェアする
TOPへ