補助金制度を使える条件

バリアフリーリフォームの条件と補助金

バリアフリーリフォームの対象となる条件は、要支援または要介護1から5と認定された高齢者や障害者の方が住んでいる住宅のリフォームです。
介護保険制度では、手すりなどの取り付けなどの費用のうち、20万円までにつき9割の補助金がもらえます。
なので、20万円の9割なので、18万円分の補助金をもらえることになります。
これは、補助金がもらえる対象の工事内容も決まっているので、事前にケアマネージャーさんなどに相談し、手続きや申請を行う必要があります。
各自治体でも、高齢者住宅改修費支援制度と呼ばれるものや、障害者住宅改善助成制度などが用意されている自治体もあるようです。
介護保険制度と組み合わせて、使う事も可能です。

太陽光発電などの省エネリフォームの条件

太陽光システムに関する補助金があるのですが、他にも様々な省エネリフォームに関する補助金があります。
対象となる工事の条件ですが、断熱改修に関する工事であったり、省エネ性の高い給湯機器の取り付けや、省エネであるLED照明の設置などの工事が当てはまります。
これらの工事に関しては、各自治体により補助金は異なりますが、だいたい、5万円から20万円を上限に支給されるようです。
また、耐震リフォームについてですが、こちらは補助をしている自治体が多いですが、年度ごとに補助金の予算が異なるようです。
耐震リフォームをしようと思っている方は、補助金を申請する人が自治体が有する予算枠を超えてしまった場合、補助金がもらえない場合があります。
耐震リフォームに関しては、早いもの勝ちという事を覚えておきましょう。


この記事をシェアする
TOPへ